伊豆市観光情報サイト

伊豆市観光情報サイト

Language

文字サイズ
  • 標準
遊ぶ・体験

修善寺虹の郷

施設の詳細

入場料金  大人(中学生以上)・・・1,200円 

 小人(4歳以上)・・・600円 

伊豆市にお住まいの方は、入園無料(免許証など住所のわかる証明書提示。駐車場は有料)

所在地  〒410-2416 静岡県伊豆市修善寺4279-3
電話番号/FAX番号  ℡0558-72-7111 / FAX0558-72-7872
URL  http://www.nijinosato.com/
メールアドレス  hananokuni@nijinosato.com
駐車場の有無  あり 1,000台(有料300円 伊豆市民200円)
営業時間  9:00~17:00(10月~3月まで閉園16:00)
定休日  火曜(繁盛期営業)
バランススクーター体験もできます
バランススクーター体験もできます

園内の交通として『ロムニー鉄道』と、『ロムニーバス』が運行しています。
自然の景色を眺めながらの小さな旅。
広い園内の散策の足として、また、のんびり乗って楽しい、虹の郷のアトラクションとしてご利用ください。

新たに「セルフバランススクーター」のレンタルも始まりました。

 

鉄道
鉄道

園内案内

庭園
庭園

日本庭園・・・シャクナゲ、花菖蒲、アジサイ、水仙、菊など四季折々の花が美しく彩ります。
匠の村・・・100年~300年前に建てられた茅葺の古民家を移築した集落は、紙漉き、江戸友禅・刺繍、木地玩具など伝統工芸の職人や芸術家の工房です。
伊豆の村・・・伊豆の名産品が並ぶにぎやかな街道。ゆっくり品定めをお楽しみ下さい。
・イギリス村・・・虹の郷の玄関、イギリス村。中世の田舎町に飛び込んだようなかわいらしい村です。
フェアリーガーデン・・・四季の草花とジオメトリックなレイアウトの西洋花壇。春、秋見頃のローズガーデンも併設しています。
・カナダ村・・・伊豆市(旧:修善寺)の姉妹都市、カナダ・BC州ネルソン市の古い街並みを再現。緑いっぱいの村です。万華鏡のミュージアムもここにあります。
・インディアン砦・・・木立を突き抜ける長さ100mの滑り台が圧巻です。元気のよい子供たちの歓喜が楽しそうです。
・ロムニー鉄道・・・イギリス村とカナダ村を結ぶ英国製鉄道『ロムニー鉄道』と、園内のバス『ロムニーバス』がございます。

夏目漱石記念館

夏目漱石記念館
夏目漱石記念館

明治43年(1910)8月6日の晩、夏目漱石は胃潰瘍の転地療養のため修善寺温泉を訪れ、菊屋旅館(別館)に泊まりました。翌日より本館に移り療養を始めましたが、同月24日には大量の吐血をし、生命の境をさまよいました。これが漱石の「修善寺の大患」と呼ばれています。時に43歳。
 漱石はかろうじて生死の縁から甦りましたが、この大病はその後の人生観や作風に、大きく影響を与えたと言われています。

漱石が、8月7日から10月11日まで滞在し、まさにあの「修善寺の大患」の舞台となった菊屋旅館(旧本館)の2階部分を移築したものが、日本庭園にある「夏目漱石記念館」の建物です。

匠の村 体験工房

自分で作る楽しさを味わうことのできる体験工房。旅の思い出に世界で一つだけの作品づくりはいかがですか?料金は、体験内容により異なります。

・『陶印 彩焔窯』・・・陶芸 :手捻りや手延べで作る陶芸と、陶印(陶器でつくるはんこ)作りが体験できます。所要時間: 約30分~1時間、木曜定休 

・『和紙工房』・・・手漉き和紙 :手漉き和紙の花はがき作り体験※注意 体験は1日20名までです。体験のご予約は、団体・個人とも受け付けしておりません。所要時間 : 約25分、不定休
 
・『手作り体験工房 遊木民』・・・木工:様々な形をした木製ボードに文字や小物を貼り付けて作るドアプレートです。漢字や動物などリクエストに応じてその場でカットすることもできます。また、貯金箱や、やじろべえ作りなど、家族で気軽にチャレンジできる工房です。 所要時間 :約15分、月曜定休

・『匡峰庵』・・・江戸木地玩具(江戸独楽)の工房です。昔懐かしい「ぶんぶんコマ」の製作体験に挑戦できます。所要時間:10分~ 水曜定休

公式HPhttp://www.nijinosato.com/experience-workshop/
  

大型フォトフレーム『iZU FRAMES(イズ フレームズ)』

富士山と一緒に、イズフレームズに収まろう
富士山と一緒に、イズフレームズに収まろう

富士山の絶景を背景に記念撮影できる、大型フォトフレーム『iZU FRAMES(イズ フレームズ)』が、イギリス村からカナダ村に向かう遊歩道沿いに設置されています。

大型フォトフレームは、高さ4.1m、幅3.6mで、富士山を背景にフレーム裏のステージに立てば、額縁がついた『1枚の絵』となる写真を撮ることができます。
南アフリカ・ケープタウンにあるフォトフレームをヒントに企画され、フレームのデザインは深緑を基調に、狩野川を表現した水色の曲線と、朝日が昇る富士山を配置し、伊豆半島の豊かな自然を表現しています。

美しい富士山と一緒にフレームに収まり、SNSにアップしよう!

googleマップのストリートビューでバーチャルツアー!

実は、虹の郷の園内は、googleマップのストリートビューで見ることができます。

ストリートビューは公道だけで撮影されているわけではないんですね。

 

↓ こちらで虹の郷をバーチャル体験してみてください!

関連情報

検索条件

PageTop