伊豆市観光情報サイト

伊豆市観光情報サイト

Language

文字サイズ
  • 標準
お知らせ(114件)

【自然体験】mata-ne(マタ-ネ)

自然体験から学ぶ、生きる力

自然は大きな「学校」
自然は大きな「学校」

『mata-ne』は、静岡県伊豆市にある、自然体験の学び舎です。

猟師であり、木こりであるmata-ne主宰の斉藤大輔さんは、大自然の楽しみ方を伝える”インタープリター”として伊豆半島を中心に活動しています。

インタープリターとは、自然観察や自然体験などを通じ、『インタープリテーション』という手法で山や海、その土地の歴史や文化、自然の成り立ちについて伝える人のこと。直訳すると「通訳者、説明者」という意味ですが、つまり『自然の声を聴き、それをみんなに様々な方法で分かり易く伝える』ことが斉藤さんのお仕事です。 

mata-ne主宰の斉藤大輔さん
mata-ne主宰の斉藤大輔さん
伊豆や富士山の自然を体感!
伊豆や富士山の自然を体感!
海ではカヤック&スノーケリング体験
海ではカヤック&スノーケリング体験

山ではトレッキングエコツアー、狩猟体験ツアー、木こり体験、海では磯遊びやシュノーケル体験、カヤックツアーなど、体験内容は様々。また、キャンプの食事やクラフト制作など、モノづくりの場面では奥様の竹夏さんにバトンタッチします。竹夏さんは鹿革をつかったクラフト制作や体験教室を手掛けていて、鳥獣被害対策で捕獲した動物の皮を活用し「いただいた命を無駄にしない」事を体験と同時に伝えています。

鹿革を使ったクラフトづくり体験を指導する竹夏さん
鹿革を使ったクラフトづくり体験を指導する竹夏さん

mata-ne体験の特長

mata-neの体験やツアーの特長は、「生きていく上で大切なこと」を考えたり、仲間と力を合わせて挑む心、我慢や思いやりなど、自然を利用した体験を通して「生きる力」を学んでいくことを目的としていることです。

 人が生きていく上で植物や動物から「命をいただく」とはどういうことか、火を使うことの大切さとその責任や危険性など、普段の生活で簡単に手に入るもの、食べるもの、気軽に使うものの背景にある、見えにくいメッセージを伝えています。

 子どもだけでなく大人にも大切なことで、平穏な日常では忘れがちな部分を思い出し、言葉だけでは伝わらないものを経験から学んでもらえるツアーを提供しています。

「生きる力」を学ぶ
「生きる力」を学ぶ
「火を使う」という責任と大切さとは
「火を使う」という責任と大切さとは

体験メニュー

mata-neの近くの川でキャニオニング体験!
mata-neの近くの川でキャニオニング体験!

伊豆は、海・山・川と、自然の宝庫!自然を体感するmata-neの体験メニューは多岐にわたります。

大人向け・子供向け、企業や子ども会などの団体向けのイベントも企画しています。

体験メニューはこちらをご確認ください

※天候や状況により、体験内容や時間は臨機応変に対応します。また、ご要望に合わせてカスタマイズ可能です。

《ツアー例》掲載のツアーメニューは一例です。

◆伊豆エリアトレッキングツアー

天城山トレッキング

原生林トレッキング

◆富士山エリアトレッキングツアー

宝永火山森林限界トレッキング

「森林限界ってどこだろう?」
「森林限界ってどこだろう?」

◆里山体験

狩猟(罠猟)体験ガッツリ1泊2日

木こり(林業)体験とヒノキの間伐材で箸づくり

◆モノづくり体験

鹿革スリッパづくり(ジビエランチBOX付き)

シーカヤックで陸からは行けない場所まで
シーカヤックで陸からは行けない場所まで

◆海の体験

磯遊び・シュノーケリング・シーカヤック体験 ほか

近くに誰もいない海でシュノーケリング
近くに誰もいない海でシュノーケリング

交流イベント『ぶつぶつ交換会』

ぶつぶつ交換会で楽しい交流の時間を
ぶつぶつ交換会で楽しい交流の時間を

自然体験mata-ne主催の交流イベント『ぶつぶつ交換会』は、月に一度、みんなが持ち寄った手作りの品を、それぞれ欲しい人と交換していくイベントです。

家で採れた野菜や果物、手作りのジャムやシロップ、お弁当、クラフト作品など、どんなものでもいいので500円相当(だと思う)ものを持ってお集まりください。

ひとりでも、初めての方でも気軽に参加できるイベントです。老若男女、地元の方、移住者の方が「ぶつぶつ交換会」の場を通して交流し、日常が更に豊かに楽しくなればと企画しています。

ぜひお気軽にお越しください!

ぶつぶつ交換で欲しい人のもとに届くかな?
ぶつぶつ交換で欲しい人のもとに届くかな?

 mata-neの詳細

所在地  〒410-2509 静岡県伊豆市梅木167-6
電話番号  090-9297-3110
URL

[公式サイト] https://www.mata-ne.net/

[Instagram]https://www.instagram.com/mata.ne_izu/?hl=ja

[facebook]https://www.facebook.com/matane.net

メールアドレス

 info@mata-ne.net

駐車場の有無  あり(無料)

ゲストハウス「mata-neハウス」の詳細

ゲストハウスについて

基本的には週末イベント参加者及び、お友達のお友達までを中心に宿泊の受け入れをさせて頂くお宿となります。

ご理解の程、宜しくお願い致します。

料金

①ほったらかしプラン/1名様:1泊8,000円(税込)夕食・朝食食材費込み

➁おもてなしプラン/1名様:1泊12,000円(税込)夕食・朝食食材費込み

③学生プラン(素泊まり)/1名様:1泊3,000円(税込)

詳細はこちらをご確認ください

部屋数  和室4室(定員3名×3部屋 定員4名×1部屋)
時間 チェックイン  14:00 〜 19:00

チェックアウト  9:00 〜 11:00

備考  無線LAN、エアコン
mata-neスタッフが自然体験のサポートをします
mata-neスタッフが自然体験のサポートをします

mata-neギャラリー

関連情報

検索条件

PageTop