【izu vélo】電動アシスト自転車に乗って伊豆市を満喫しませんか?[修善寺温泉街コース]

電動アシスト自転車をレンタルできる『izu vélo(いずベロ)』

修善寺駅の改札を出たら南口へ

修善寺駅の改札を出たら南口へ

修善寺駅前にある『izu vélo(いずベロ)』は、電動アシスト自転車のサイクルシェアリング(レンタサイクルを行なっており、修善寺温泉街にあるサイクルポートでも返却・レンタルできるので、大変便利に利用できます。

 

修善寺駅から修善寺温泉街までは、通常はバスで7分程度。緩い坂道が続くので徒歩だとちょっとキツイ道のりですが、電動アシスト自転車なら、坂道もスイスイ!

izu vélo(いずベロ)は、修善寺駅南口を出て右に向かってすぐ。釜飯ほうずきやの1階にあります。

平成29年3月10日(金)までは、キャンペーン料金でレンタルできるのでこの機会にぜひご利用ください。

izu vélo(いずベロ)を利用して、修善寺温泉街を中心にをポタリングしてきました

様々なタイプの電動アシスト自転車がそろっています

様々なタイプの電動アシスト自転車がそろっています

修善寺駅南口を出て右にあるタイル張りの建物の1階にあります

修善寺駅南口を出て右にあるタイル張りの建物の1階にあります

自分に合った自転車を選んで、利用方法の説明を聞きます

自分に合った自転車を選んで、利用方法の説明を聞きます

ポタリングとは、自転車でぶらぶらお散歩すること。12月上旬ごろまでは紅葉も楽しめるので、暖かい日のポタリングはオススメです。

修善寺駅から徒歩30秒の『izu vélo(いずベロ)』で取り扱う自転車は、すべて電動アシスト付き。身長の高い人も乗りやすい27インチのタイプや、クロスバイクタイプもあるので、まずは自分に合う自転車を選びます。

普段、電動アシスト付き自転車に乗らない人も、利用方法を丁寧に教えてもらえるので安心です。ヘルメットも貸出ししています。

 

この日(平成28年12月上旬)のポタリングコースは、修善寺駅出発~穴場的ジオサイト・旭滝~修善寺温泉街(散策)~海底火山が隆起してできたジオサイト・白鳥山~狩野川記念公園~修善寺駅という行程。

それでは、まずは旭滝を目指して出発!

鮎見橋から県道349号線(伊豆市加殿)には自転車用道路が整備

鮎見橋から県道349号線(伊豆市加殿)には自転車用道路が整備

それでは出発!まずは旭滝をめざします

それでは出発!まずは旭滝をめざします

坂道でも電動アシスト自転車なら楽ちん!

坂道でも電動アシスト自転車なら楽ちん!

鮎見橋から加殿交差点までは、自転車用道路が整備されており走りやすくなっています。

このあたりから旭滝までは途中坂道が続きますが、電動アシストが付いているので、立ち漕ぎをしなくても大丈夫。アシストの強さも調整できます。

 落差100mの旭滝に着くと、紅葉の見ごろの真っ最中でした。赤や黄色に染まった木々と、柱状節理の岩肌を水が滑り落ちる旭滝が大変美しく、「いっぱいお金をかけて遠くまで出かけなくても、自転車で来れる距離でこんなに美しい風景があるなんて!」と思わず呟きました。ここは滝の中腹まで遊歩道が整備されているので、滝をすぐそばで堪能できるんですよ。

 

石垣を積んだような形の岩肌を間近で見ることができる

石垣を積んだような形の岩肌を間近で見ることができる

旭滝の紅葉の見ごろは例年12月上旬~中旬

旭滝の紅葉の見ごろは例年12月上旬~中旬

次は修善寺温泉街方面へ

気になったところに気軽に寄れるのが自転車旅のいいところ

気になったところに気軽に寄れるのが自転車旅のいいところ

旭滝から修善寺温泉までは自転車で10分程度。

修善寺温泉街のランドマーク修禅寺を目指す途中、古い教会が目に入りちょっと寄り道。

この教会はハリストス正教会』で、明治45年(1912年)建立された木造の建物で、県指定文化財です。内部は月に1度のミサの日以外は非公開ですが、外観は100年以上前に建てられたとは思えない美しさで、一見の価値があります。

こんな風に自転車なら、狭い路地を走ったり、気になったところに気軽に寄ることができるので、タクシーやバスでは寄らないような場所にも立ち寄れます。

修善寺温泉街にあるサイクルポートに自転車を預けて、周辺の散策へ

修善寺温泉街にあるサイクルポート『桜燕亭』

修善寺温泉街にあるサイクルポート『桜燕亭』

修善寺温泉街には、izu véloでレンタルした自転車を“乗り捨て”できるサイクルポート『桜燕亭(さくらつばめてい)』があります。

こちらは自転車をレンタルするだけではなく返却もできますので、修善寺駅でレンタルした自転車をここで返却し、駅へ戻らずバスやタクシーで別の場所へ観光に行く・・・という利用もできるので便利ですよ。

また修善寺温泉街を散策する際には、こちらで自転車を預かってもらえます。

 桜燕亭ではパスタやカレー、ラーメンなどの軽食も食べられるので、ランチに利用してみては?

さて、私たちはここで自転車を預けて修善寺温泉街の散策に参ります。

ドラマやCMのロケ地になっている修善寺温泉街

ドラマやCMのロケ地になっている修善寺温泉街

修善寺温泉街の中心、修禅寺に参拝

修善寺温泉街の中心、修禅寺に参拝

修善寺温泉は、数々のドラマやCMのロケ地になっており、人気ドラマの『聖地巡礼』に訪れる人も少なくなく、見所が満載。 こじんまりとした温泉街ですが美しいスポットが多く、色々な場所で思わずスマホで写真を撮りたくなります。

 私たちが訪れた紅葉の時期もいいですが、四季を通じて美しい風景が楽しめるのでいつ訪れても楽しめますよ。

修善寺温泉を散策したら、弘法大師が仏具“独鈷(とっこ)”で岩を砕いて湧き出させたといわれる『独鈷の湯』の近くにある河原湯(足湯)に入り、足の疲れを癒してください。※毎月第2木曜は閉栓しているため、足湯は利用できません

足湯なら独鈷の湯のそばにある『河原湯』を利用してください

足湯なら独鈷の湯のそばにある『河原湯』を利用してください

独鈷の湯は残念ながら現在は入浴できません(足湯もダメ)

独鈷の湯は残念ながら現在は入浴できません(足湯もダメ)

次は伊豆半島ジオパーク・ジオサイトの白鳥山へ

次は『白鳥山』めざします

次は『白鳥山』めざします

修善寺温泉を堪能したあとは、少し足を延ばして『白鳥山』まで行きました。

白鳥山は巨大な岩山で、伊豆半島ジオパークのジオサイトに指定されている場所です。最初に訪れた旭滝と同じく、『火山の根』と呼ばれるマグマの通り道が冷えて固まってできる『柱状節理』が美しく、その大きさに圧倒されます。

 

※白鳥山は『土屋建設』の所有地なので、見学には許可が必要です。見学をご希望の場合は、伊豆市役所観光商工課[℡0558-72-9911]までお問い合わせください。

柱のような石が集まっているように見える

柱のような石が集まっているように見える

写真だとわかりにくいが、巨大な岩山に圧倒される

写真だとわかりにくいが、巨大な岩山に圧倒される

狩野川記念公園からサイクリングロードで修善寺橋まで

狩野川記念公園脇のサイクリングコース

狩野川記念公園脇のサイクリングコース

白鳥山から修善寺駅までは、狩野川記念公園を経由して、『狩野川サイクリングコース』を走る事にしました。

『狩野川サイクリングコース』は、狩野川記念公園から修善寺橋の近くまで整備されている遊歩道で、サイクリストに人気のあるサイクリングロードとなっています。

狩野川の清流と、修善寺の山々に囲まれたロケーションで、晴れた日のサイクリングはとても気持ちがよく、かなりオススメです。

狩野川記念公園脇から城山方面を望む

狩野川記念公園脇から城山方面を望む

伊豆véloに戻るまで、合計約20kmのアップダウンのある行程でしたが、電動アシスト付き自転車を利用したので、快適な自転車の旅となりました。

皆様もぜひ、修善寺駅前&修善寺温泉の伊豆véloを利用してみてください。

 

サイクルシェアリング『izu vélo(いずベロ)』 詳細

【サイクルステーション】

修善寺駅前

◆izu véloサイクルステーション修善寺駅前(伊豆の釜飯ほうずきや1階)

[住所]〒410‐2407 静岡県伊豆市柏久保633-9

[電話]0558-72-0111(受付時間 9時~17時)

修善寺温泉街

◆izu véloサイクルステーション修善寺温泉場(桜燕亭)

[住所]〒410-2416 静岡県伊豆市修善寺 955-1

【ご利用時間】

9時~17時

【ご利用料金】

通常料金: 500円/1時間、1日最大2,000円

【URL】http://izuvelo.com/

よく検索されるキーワード
 イズシカ問屋日帰り温泉旭滝温泉体験富士山ハイキング

TOP