【TO-JI・健康づくりの郷】『野草摘みハイキングと温泉入浴』が開催されました

午前中は食べられる野草を摘んで天ぷらにして食べ、午後はガイド付きのハイキング、そして疲れた体を温泉で癒す、そんな自然の中での健康体験が、平成27年5月12日(火)、13日(水)に行われました。

5月12日(火)は、伊豆市と友好都市である、神奈川県平塚市の皆様、13日(水)は伊豆市周辺にお住いの皆様にご参加いただきました。

平塚市の皆様に大好評!野草摘みハイキング&温泉入浴

平塚市からは20名が参加してくださいました

平塚市からは20名が参加してくださいました

はるばる平塚市から、月ヶ瀬梅林に到着!

はるばる平塚市から、月ヶ瀬梅林に到着!

平塚市の皆さんは、朝9時ごろ月ヶ瀬梅林に到着し、まずは開会式。

ガイドの先生方の紹介と、当日の流れの説明のあとは、お待ちかね野草摘みへ出発!

山道を歩くので怪我の無いよう、しっかりと準備運動を行います。

野草摘みに出かける前に、しっかり準備運動

野草摘みに出かける前に、しっかり準備運動

開会式でガイドの先生を紹介

開会式でガイドの先生を紹介

野草の女王『ツリガネニンジン』を探せ!

野草の女王『ツリガネニンジン』の若芽

野草の女王『ツリガネニンジン』の若芽

野草摘みでは、野草の女王と呼ばれる『ツリガネニンジン』をメインに探しました。

ツリガネニンジンは秋には釣鐘型のかわいい花をつけますが、春の若芽は「野草の中で一番おいしい!」 と言われています。

見た目が似ている野草もあるため、ガイドの先生に見分け方を教わり、他にもワラビ・ヨモギ・ノビルなどの食用としてよく知られる野草や、イタドリ・クズの蔓(つる)・タンポポなど、よく見るが食用になるとは知らなかった野草などを摘んで楽しみました。

 

袋いっぱいに野草を摘む参加者

袋いっぱいに野草を摘む参加者

「あ!ワラビをみつけた♪」と宝探しのような気分です

「あ!ワラビをみつけた♪」と宝探しのような気分です

摘んだ野草を天ぷらにして試食&昼食タイム

摘んだ野草を種類別に仕分け

摘んだ野草を種類別に仕分け

ガイドの先生の指導の下、摘んだ野草を種類別に分け、間違えて毒草が混じっていないか確認したあと、それぞれの野草の特徴や美味しい食べ方などを教えてもらい、天ぷらにして試食タイム!

 

まずは、野草の中で一番美味しいという『ツリガネニンジン』を天ぷらに。

その後も、自分で摘んだ野草の味を確かめるため、次々に天ぷらにして試食。

参加者の皆さんは野草の天ぷらをおかずに、持参のおにぎりを頬張って昼食タイムを満喫していました。

 

初めて食べた『ツリガネニンジン』はクセがなく、天ぷらにすると甘みが増してとても美味しかったです。

参加者の皆さんも「いろいろ食べてみたけど、やはりコレ(ツリガネニンジン)が一番おいしかった♪」とおっしゃっていました。

先生から摘んだ野草についてのお話をうかがう

先生から摘んだ野草についてのお話をうかがう

摘んできたばかりの野草を天ぷらに

摘んできたばかりの野草を天ぷらに

午後はハイキング&温泉入浴

昼食後は船原遊歩道をハイキング♪

昼食後は船原遊歩道をハイキング♪

午後は2手に分かれ、ハイキング組と、それ以外の方は昭和の森会館と伊豆文学博物館を見学。

ハイキング組は月ヶ瀬梅林から船原温泉まで2km程度の『船原遊歩道』を歩きました。

林道を歩き、心地よい疲れの後は、目的地の船原温泉にある旅館『船原館』にて温泉入浴。

 

あいにく台風が近づいている日だったため、雨が不安でしたが、皆さんの日ごろの行いのおかげか、ハイキング中に雨に降られることはなく、温泉旅館に到着した直後に雨が降り出しました。

昭和の森会館の中庭を散策する参加者の皆さん

昭和の森会館の中庭を散策する参加者の皆さん

昭和の森会館と伊豆文学博物館を見学された方も、伊豆の踊子などの伊豆を舞台にした文学と、その作家ゆかりの品などの展示を見たり、中庭に移築されている旧井上靖邸を見学するなど、楽しまれていました。見学の後は、温泉旅館の『船原館』でハイキング組と合流。

 

温泉旅館『船原館』では温泉入浴のほか、ご主人より『温泉自己指圧法』というセルフケア法を教えてもらい、 「体が楽になったので家でも続けたい」と大変喜ばれていました。

 

平塚市の皆さんは「また来年も参加したい」、「別の機会に家族と伊豆市を訪れたい」と言ってくださいました。

温泉入浴と、自己指圧法でリフレッシュ!

温泉入浴と、自己指圧法でリフレッシュ!

温泉旅館『船原館』にて温泉入浴

温泉旅館『船原館』にて温泉入浴

TO-JI・健康づくりの郷

伊豆市は日本有数の温泉地で、古くから湯治場として知られており、海・森林・高原・田園に囲まれたところに温泉が湧き出ているので、好みや体調に合わせて温泉を選ぶことができます。

 TO-JI・健康づくりの郷実行委員会では、『温泉』、『食事』、『運動』、『環境』の4つの要素をバランスよく組み合わせ、心と体の健康を効果的に増進させる『健康づくりプログラム』で伊豆市をエンジョイしていただこうと取り組んでいます。

 

【このイベントに関するお問い合わせ】

伊豆市役所産業部観光課

[電話] 0558-72-9911

よく検索されるキーワード
 イズシカ丼日帰り温泉天城ミュージアム温泉体験富士山ハイキング

TOP