キーワードから探す

よく検索されるキーワード

 イズシカ丼日帰り温泉天城ミュージアム温泉体験富士山ハイキング

伊豆市観光情報伊豆市あれこれ伊豆市あれこれ伊豆市あれこれ伊豆のお土産『出口の黒玉』の『黒玉テラス&ドッグ』

伊豆のお土産『出口の黒玉』の『黒玉テラス&ドッグ』

老舗飴菓子店『出口の黒玉』のショップ&カフェ

 創業明治15年の老舗飴菓子店の『出口の黒玉』が、国道414号沿いの吉奈温泉口信号から南へ100mの場所にショップを移転し、カフェをオープンしました。

 

名湯の湯ケ島温泉や吉奈温泉からも近く、のどかな田園の中にあり、広々した駐車場で、伊豆旅行の行き帰りにも立ち寄りやすい『黒玉テラス&ドッグ』。

サイクリストも立ち寄りやすいよう、入り口にはサイクルラックもあります。

 

ワンちゃんも一緒に食事できるカフェ

日替わりランチプレート(左)と和風フレンチトースト(右)

日替わりランチプレート(左)と和風フレンチトースト(右)

天城の自然を望める大きな窓の店内と開放感のあるテラスは、ワンちゃんも一緒に食事ができます。ドッグカートなら店内での食事も可能なので、ワンちゃんと同じ目線でランチが楽しめます♪

 

フードメニューは、『伊豆牛と地場野菜の贅沢カレー』と、『ランチプレート』の2種類。ランチプレートは数量限定で日替わりなので、何度通っても飽きないですね♪

人気のデザートは、和風フレンチトースト。添えられた抹茶アイス&あずきと一緒に召し上がれ。

 

カフェタイムにはのんびりコーヒーを飲みながら、目の前に広がる天城ののどかな風景に癒されてください。

テラス席の天然木の椅子は、リードがかけられるリング付き

テラス席の天然木の椅子は、リードがかけられるリング付き

天城の自然の中のテラス席でワンちゃんとのんびり

天城の自然の中のテラス席でワンちゃんとのんびり

以前の店舗は、伊豆市下船原の出口交差点にありましたが、カフェを開店するにあたり、ショップもこちらに移転しました。

ショップでは、昔ながらの黒糖やニッキの黒玉の他に、黒玉ミント、塩玉、みそ玉、みるく、季節により、いちご、ニューサマーオレンジなどの飴を販売。

どの飴もシンプルながら上質な材料を使用しており、入手できない場合は代替材料を使わないため、種類によっては欠品することもあります。

オススメは、塩玉とみそ玉!コクがあってとっても美味しいんです。

どれにしようか迷ってしまう方には、いろいろな種類が楽しめる、『よくばり袋』もありますよ。

ショップの壁に埋め込まれた和菓子用木型

ショップの壁に埋め込まれた和菓子用木型

店長犬シナモンと看板娘ちゃん

店長犬シナモンと看板娘ちゃん

黒玉テラス&ドッグ 店舗情報

【住所】 静岡県伊豆市門野原134-1

【電話】 0558-85-2525

【FAX】  0120-78-0713

【営業時間】 10~17時(ラストオーダー16時30分)

【駐車場】 あり10台(無料)

【URL】http://kurodama-terrace.com/

【アクセス】 伊豆箱根鉄道修善寺駅より天城湯ヶ島・河津方面行20分 吉奈温泉口バス停より徒歩2分

小説にも登場する『出口の黒玉』

井上靖の小説『しろばんば』に“おめざ”として登場するのが、こちらで売っている『黒玉』です。

「はい、おめざ」
おぬい婆さんは紙包みを洪作の手に握らせたり、布団の中へ突っ込んだりして、
「ごはんできるまでまだ間があるから寝とれや」
と言って、また階段を降りて行った。早く起きよとも、起きて顔を洗えとも言わなかった。ひねり紙の中味は大抵黒砂糖の飴玉だった。洪作はその黒玉を二つか三つしゃぶり終えるまで床の中にはいっていた。

『しろばんば』前編一章より 

 |