『自転車の町・伊豆市』のキャッチフレーズが決定しました!

キャッチフレーズを発表する伊豆市長(左)

キャッチフレーズを発表する伊豆市長(左)

平成28年6月18日(土)に自転車のまち・伊豆市キャッチフレーズ審査会を行ない、自転車のまち・伊豆市のキャッチフレーズが決定しました。


★最優秀賞

『自転車と伊豆 今、走り出す』

最優秀賞に選ばれたのは千葉県白子町の梶政幸(かじ まさゆき)さんの作品です。

2020年に向けて自転車のまち・伊豆市をアピール!

伊豆市では、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会自転車競技(トラック・レース/マウンテンバイク)(以下『当大会』とします)開催に向けて、当大会の機運を高めること、そして当大会終了後も『自転車のまち・伊豆市』として未来に繋げ、伊豆市において自転車文化を根付かせることを目的として、自転車のまち・伊豆市のキャッチフレーズを募集しました。

 募集期間は平成28年4月16日(土)~6月4日(土)の約2か月間で、市内をはじめ全国各地から1,511点(一般の部1,253点、高校生の部154点、中学生の部5点、小学生の部99点)の応募がありました。応募してくださった皆様、ありがとうございました。

 

 平成28年6月18日(土)、自転車のまち・伊豆市キャッチフレーズ審査会を行ないました。審査員を務めたのは、伊豆市東京オリンピック・パラリンピック推進本部員をはじめ、学識者や自転車競技関係団体等の代表者、市内観光振興事業関係団体の代表者などです。

厳正な審査の上、入選された作品は以下の通りです。

最優秀賞
 『自転車と伊豆 今、走り出す』 千葉県白子町 梶 政幸 (かじ まさゆき) さん

 

優秀賞
 『どこまでも 漕いでゆきたい 伊豆のまち』 島根県安来市 角森 玲子 (つのもり れいこ) さん

 『風とともに、みらいへ。 伊豆市』 東京都目黒区 三浦 一世 (みうら いっせい) さん

 

特別賞(高校生の部)
 『伊豆からつながる自転車の未来』 静岡県沼津市 岡本 日和 (おかもと ひより) さん

 

特別賞(中学生の部)
 『ぐるっと半島サイクリング in 伊豆』 茨城県潮来市 箕輪 沙也佳 (みのわ さやか) さん

 

特別賞(小学生の部)
 『自転車で風になろう!ようこそ伊豆へ』 茨城県竜ケ崎市 箕輪 貴文 (みのわ たかふみ) さん

自転車のまち・伊豆市のキャッチフレーズ活用について

伊豆乃四姉妹

伊豆乃四姉妹

 伊豆市では、今回決定した自転車のまち・伊豆市のキャッチフレーズを、当大会を盛り上げるものや自転車のまち・伊豆市に関わる啓発物などに使用していきます。 

よく検索されるキーワード
 イズシカ問屋日帰り温泉旭滝温泉体験富士山ハイキング

TOP