『海の森は命のゆりかご』海藻おしば教室が開催されました。

平成26年4月23日(水)に、生きいきプラザにて『海藻おしば教室』が開催されました。

海藻のおしばはカラフルです

海藻のおしばはカラフルです

 

伊豆半島周辺には、なんと1500種類もの海藻が生息しています。

その種類の多さは、世界でもトップクラス!

その海藻を使って、アートに発展させたのが『海藻おしば』です。

海藻おしばは、下田が発祥。

筑波大学の研究室生まれなんですよ。

 

その、体験講座が平成26年4月23日(水)に生きいきプラザにて開催されました。

海の森を大切にしよう

今回の講座ではまず、講師の野田三千代先生より『海藻が海の生態系の中でもたらす役割』などについてのレクチャーを受けてからのおしば作り体験でした。

 

地球上の酸素の半分以上は海の植物が生成している事、海藻(緑藻)は陸にある木のご先祖様である事、海が濁れば海藻は生きられず、沿岸がヘドロ化してしまう事など、海藻が地球環境に大きく貢献してくれているという事を学ぶことができました。

 

海の植物の成長は陸の植物とは季節が逆で、秋に芽吹き冬に成長して、夏にはその寿命を終えてしまうということも、教えてもらいました。

だからワカメや海苔の旬は冬なんですね。

濡らした紙の上に海藻をのせて広げて

濡らした紙の上に海藻をのせて広げて

思い思いのアート作品に♪

思い思いのアート作品に♪

海藻おしば協会

講師の野田三千代先生は、海藻おしば作りの第一人者。

 

海藻おしばを通して、海と地球環境のことをみんなで考える事を教えてくださっています。

野田先生、ありがとうございました。

 

 

海藻おしば協会URL

http://www.kaisou048.jp

わたしも、土肥の海岸に打ち上げられた海藻を拾って、海藻おしばを作りたいな。

春先の海の荒れたあとの引き潮の時がいいんですって。

拾った海藻は、塩抜きして冷凍保存もできるそうですよ。

よく検索されるキーワード
 イズシカ問屋日帰り温泉旭滝温泉体験富士山ハイキング

TOP