伊豆半島一周サイクリング(通称:伊豆いち!)参加者募集のお知らせ[平成29年10月14日(土)15日(日)]

伊豆半島を自転車で一周する、ヒルクライム・ロングライドのサイクリングイベント

平成29年10月14日(土)~15日(日)に、サイクリスト憧れの伊豆半島を1泊2日でサイクリングする『伊豆半島一周サイクリング(通称:伊豆いち!)』を開催致します。今年は、昨年とは逆回りのコースとなり、2日間の走行距離200㎞、獲得標高3700mと、昨年より更にヒルクライム要素が強くなります。参加して伊豆半島を制覇しよう!

 

1日目は伊豆市・日本サイクルスポーツセンターをスタートし、伊豆の国市、沼津市、伊豆市(土肥)、西伊豆町、南伊豆町の海沿いを走り、下田市『道の駅開国みなと』にゴール。

2日目は『道の駅開国みなと』をスタートし、河津町、東伊豆町、伊東市を経由して日本サイクルスポーツセンターにゴールする、2日間で200kmを走破するサイクルイベントです。

 

このイベントは、あくまでも『安全第一で行なうサイクリングイベント』ですので、レースまがいのスピード走行は厳禁。交通ルールとマナーを守り、伊豆半島の自然の中でのサイクリングを楽しみましょう。

伊豆半島一周サイクリング 募集要項

【開催日】平成29年10月14日(土)・15日(日)

【参加資格】 

◆高校生以上で健康な方
※高校生の方は保護者の同意が必要です
◆クロスバイク、マウンテンバイク、ロードバイクのいずれかをお持ちの方
◆標高差約516mのヒルクライム走行、130km/日以上の走行が可能な方
◆参加費および参加規程・注意事項の記載事項を遵守いただける方

 

【参加費用】事前払い

ご入金後の参加費は返還できませんのであらかじめご了承ください

参加案内は入金確認後、事務局より発送します

10月14日・15日のサイクリング(宿泊1泊2食付

お一人様18,500円(傷害保険料・参加記念品・昼食代を含む)

※宿泊先の都合により男女別の相部屋となります。グループで男女同室を希望される場合は、申込時に『事務局通信欄』にご希望をご入力ください。
※宿泊は、下田市「伊東園ホテルはな岬」となります。
※夕食時の飲み物代は、参加者のご負担にてお願いします。
※10月14日、15日いずれか1日の参加はできません。
※ご入金後の参加費(8,000円)は返還できませんので予めご了承ください
※宿泊費の返金は宿泊先等の規定によります。

10月14日・152日のサイクリング(宿泊1泊朝食付[夕食なし]

お一人様15,500円(傷害保険料・参加記念品・昼食代を含む)

※宿泊先の都合により男女別の相部屋となります。グループで男女同室を希望される場合は、申込時に「事務局通信欄」にご希望をご入力ください。
※宿泊は、下田市「伊東園ホテルはな岬」となります。
10月14日、15日いずれか1日の参加はできません。
※ご入金後の参加費(8,000円)は返還できませんので予めご了承ください
※宿泊費の返金は宿泊先等の規定によります。

10月14・15日のサイクリング宿泊なし

お一人様8,000円(傷害保険料・参加記念品・昼食代を含む。事前払い)
10月14日、15日いずれか1日の参加はできません
※ご入金後の参加費(8,000円)は返還できませんので予めご了承ください
荷物はゴール地点でのお渡しとなります。

走行ルート(予定)

1日目ルート(リンク先:ルートラボ)

日本サイクルスポーツセンター⇒道の駅下田開国みなと

※多少のコース変更がある場合がございます。

2日目ルート(リンク先:ルートラボ)

道の駅下田開国みなと⇒日本サイクルスポーツセンター

※多少のコース変更がある場合がございます。

お申し込み

【申し込み締切】 

平成29年9月10日(日)まで

【申し込み方法】 

インターネットでのお申し込みのみとなります(次のURLをクリック)

【申し込み先】 スポーツエントリー 

https://www.sportsentry.ne.jp/event/t/71227 

スポーツエントリー内にある参加規程・注意事項を読んで理解したうえでエントリーしてください。

お問い合わせ

伊豆半島一周サイクリング事務局(伊豆市役所観光商工課内)

◆~10月13日(金)イベント前日まで

[問い合わせ電話番号]0558-72-9911(9時~17時)

◆10月14日(土)・15日(日)イベント当日

[問い合わせ電話番号] 080-4602-0765

《主催》

NPO法人 伊豆市体育協会

《共催》

自転車と伊豆推進協議会

美しい伊豆創造センター

昨年の様子

※昨年の様子は下記『関連情報』をご覧ください。

よく検索されるキーワード
 イズシカ問屋日帰り温泉旭滝温泉体験富士山ハイキング

TOP