大井上康学術文献資料館 (国登録有形文化財)

大井上康学術文献資料館 (国登録有形文化財)

大井上康学術文献資料館 (国登録有形文化財)

葡萄の王様として知られる巨峰は中伊豆町大見(現伊豆市上白岩)で栄養周期農法を唱えた農学者「大井上康(おおいのうえ やすし)」氏が苦労の末、昭和20年に誕生させました。
大井上康氏は、大正8年から中伊豆に理農学研究所を設立、雨の多い日本での大粒種葡萄栽培の研究に取組み、2年間の渡欧研究を経て巨峰が完成。大井上記念館は、産みの親大井上康氏ゆかりの品々を集めた記念館です。
記念館正面には霊峰富士を望み、富士を背に大井上氏の胸像と記念碑が建っています。
巨峰の命名もこの景観にちなんでされたといいます。
建物は「大井上康」氏が自らの農業理論実践の為に設立した中心施設で、自身が設計し建てられた瀟洒な木造平屋建の洋風建築で大正8年の建築。国の有形登録文化財に指定されています。


管理者が不在の場合もありますので、お越しになる際は事前にお電話ください。

【所在地】〒410-2502伊豆市上白岩2000
【電話番号】0558-83-0505
【URL】http://www.oominosato.com/
【入館料】無料
【駐車場の有無】あり(無料)
【定休日】不定休
【アクセス】修善寺駅より伊豆箱根・東海バス10分 
東名沼津インターより伊豆縦貫道・伊豆中央道、県道12号経由45分
 

大井上康学術文献資料館 地図

よく検索されるキーワード
 イズシカ丼日帰り温泉天城ミュージアム温泉体験富士山ハイキング

TOP