八丁池(はっちょういけ)

秋の八丁池

秋の八丁池

八丁池は標高1125mにある池で、以前は天城火口の火口湖とされていましたが、最近の調査で断層の切れ目に水がたまって出来た池であることがわかりました。

池の周囲がスズ竹に覆われているので別名「アオスズの池」とも呼ばれ、樹枝に泡状の卵を産みつける天然記念物「モリアオガエル」の生息地としても知られています。

池の名の由来は周囲が八丁(870m)あると言われていたところから名付けられました。

(実際には560m程度です)

付近は天城原生林に囲まれ、ヤマザクラ・アセビ、ツツジ・モミジなど茂り新緑・花・紅葉も見事です。

ハイキングコースとして人気のスポットです。

 

※国立公園の第2種特別地域内でもある特別保護地区ですので、八丁池周辺では様々な規制があります。

本来の生息地ではない植物を植える・動物を放すなどはもちろん規制されていますが、ハイキング中についやってしまいがちな草花を摘む、石を採集する、昆虫を採集するなども規制の対象ですので、気を付けてください!

もちろん特別保護地区内はキャンプ・焚き火等が禁止されています。
場合によっては検挙されることもありますので、注意してください。

 

【問い合わせ】0558-85-1056(伊豆市観光協会天城支部)
【URL】http://www.amagigoe.jp/
【アクセス】修善寺駅より東海バス45分「八丁池口」下車後徒歩120分

八丁池ハイキングコース(PDF:671KB)

紅葉時期の八丁池

紅葉時期の八丁池

新緑の八丁池

新緑の八丁池

八丁池 地図


大きな地図で見る

よく検索されるキーワード
 イズシカ問屋日帰り温泉旭滝温泉体験富士山ハイキング

TOP