サイクリストにうれしい、客室内に愛車を持ち込める宿泊施設があります

伊豆市では“サイクルメッカ伊豆”と題してサイクリストが訪れやすい観光地を目指しています。


今回は、客室内に自転車を持ち込める宿泊施設をご紹介いたします。

①神代の湯(中伊豆地区)

豊富な泉質とこだわり野菜中心の食事が自慢の温泉宿です。


自転車に対するサイクリストの想いを聞いた宿のご主人が「それならばせっかくの旅、大切な愛車と一緒に泊まってほしい」と考え始まったサイクリストプラン。

フロント脇や廊下ではなく、自分の泊まる客室内に持ち込むことができるので、破損や盗難の心配なく夜を過ごせます。

フロントでは自転車の下に敷くアルミシートのご用意もございます。ご要望下さい。


「さらにサイクリストが利用しやすいプランになるよう、利用者の要望も積極的に取り入れていきたい」と話すご主人。

サイクリストプランで愛車との旅をお楽しみください。

露天風呂

露天風呂

外観

外観

≪施設紹介≫

豊富な泉質の温泉は源泉掛け流し。クセの少ない泉質ですのでゆっくり浸かって疲れを癒してください。
チェックインは12時から可能です。

川のせせらぎと鳥の声を聴きながらお部屋で森林浴というのもおすすめです。
お食事は玄米菜食、内容は季節により異なりますが10品目中8品目が自家菜園の野菜を使用しております。

さらにボリュームが欲しいという方にはお肉料理を追加できます。
プランの詳細およびご予約は公式HPをご覧下さい。


※立ち寄り温泉も行っております。

【お問い合わせ】

神代の湯

[所在地]静岡県伊豆市梅木367-15

[℡] 0558-83-5388
公式HP:http://www.jindainoyu.com/index.html

②ホテルワイナリーヒル

ホテルワイナリーヒル

ホテルワイナリーヒル

豊かな自然と温泉、スポーツ施設や研修施設を備えたリゾートホテル

自転車の国サイクルスポーツセンターからも近く、県道からの3㎞の坂は、自転車で登るとちょうどよいトレーニングコースです。

このコースは、春には1.5㎞にも渡る桜のトンネルが訪れる人を出迎えてくれる。

伊豆の幸をふんだんに盛り込んだ自慢の料理と、中伊豆ワイナリーシャトーのワイン。

ホテル内にある、『縄文之御神湯』の上質な温泉で汗を流し、ゆったりとお過ごしください。

『縄文之御神湯』は、日帰り温泉としても人気があり、露天風呂・水着風呂・家族風呂(貸切風呂)などバラエティに富んだお風呂があり、ご家族やご友人と来ても楽しく過ごせる温泉です。

 

自転車は、お部屋まで持ち込みOKですので、盗難や天気を気にせず安心して宿泊できます。

※和室にご宿泊のお客様には、自転車の下に敷くシートを貸出しております。フロントにお申し出ください。

 

お部屋まで自転車が持ち込めます

お部屋まで自転車が持ち込めます

日帰り温泉としても人気の『縄文御神湯』

日帰り温泉としても人気の『縄文御神湯』

≪施設案内≫

ホテルワイナリーヒル

【所在地】〒410-2501伊豆市下白岩1434
【電話番号】0558-83-2310
【FAX番号】0558-83-3040
【URL】http://www.shidax.co.jp/winery/
【予約】reservehotel_web@shidax.co.jp
【駐車場の有無】あり(無料)
【営業時間】24時間営業
【定休日】年中無休
【アクセス】無料シャトルバス 修善寺駅より15分
      タクシー 修善寺駅より15分
      お車 東名高速沼津ICより車で50分 
沼津IC~伊豆縦貫道~国道136号線(三島立体交差)~伊豆中央道
(有料)経由、大仁南ICを降り、修善寺駅前入り口を通過、中伊豆方面へ3km
(上和田バス停)を左折

 

縄文之御神湯

【料金】
平日 11:00~23:00(最終入館 22:00)  
大人¥700 小人¥350
土日祝 11:00~23:00(最終入館 22:00) 大人¥1,000 小人¥500
※夏季料金(プール利用含む) 大人¥1,400 小人¥700
【効能】
美肌、健康増進、運動機能障害回復、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、関節のこわばり、うちみ、
くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復、疲労回復
【泉質】ナトリウム・カルシウム一硫酸塩温泉(低張性・アルカリ性・高温泉)
【由来】伊豆のこの地に「しり湯」または「しん湯」と呼ばれる「子宝のお湯」を神様から授かったという言い伝えがありました。
その話に基づいて一億ニ千年の神秘に挑戦し続けた結果、伊豆地方では稀な高い効能の飲泉にも適した良質温泉が湧き出ました。
その温泉をお湯の再来と信じ、大地の恵に心からの感謝を込めて、『縄文之御神湯』と名付けました。『縄文』に は中伊豆の歴史の香りを、そして『御神湯』には地元に伝わる言い伝えを大切にし、神様から授かったお湯という意味が込められています。

自転車を部屋まで持ち込める宿


より大きな地図で 自転車を部屋まで持ち込める宿 を表示

よく検索されるキーワード
 イズシカ丼日帰り温泉天城ミュージアム温泉体験富士山ハイキング

TOP