キーワードから探す

よく検索されるキーワード

 イズシカ丼日帰り温泉天城ミュージアム温泉体験富士山ハイキング

伊豆市観光情報寄り道する寄り道スポットパワースポット福地山 修禅寺

福地山 修禅寺

修禅寺

修禅寺

修善寺温泉発祥の寺で温泉場の中心にあり、平安時代初期の大同2年(807)弘法大師の開基と伝わっています。鎌倉時代に北条氏が帰依したことから寺運が隆盛となり、堂塔が連なる大寺となりました。一方、建久5年(1194)源の範頼は兄将軍頼朝の猜疑を受けここに幽居、梶原景時に攻められて自刃したといわれています。
また、頼朝の長子で2代将軍頼家は、母政子と祖父北条時政の謀略により幽閉され、元久元年(1204)入浴中に暗殺されるなど、源氏一族の骨肉相はむ悲劇の舞台となり、源氏滅亡の場として歴史にその名を残しています。隣接の宝物殿「瑞宝蔵」には、空海が温泉を湧き出させたという金銅の独鈷杵、北条政子が我が子頼家の冥福を祈って寄進した宋版放光般若経、岡本椅堂が戯曲「修禅寺物語」 を書くヒントとなった2代将軍頼家といわれる木彫りの古面などが展示されています。

平成26年9月には、山門の修復に伴い仁王堂が新設され、長い間指月殿に安置されていた金剛力士像が山門の仁王堂におさめられました。

修禅寺の手水は温泉が使われている

修禅寺の手水は温泉が使われている

【所在地】〒410-2416伊豆市修善寺964 
【電話番号】0558-72-2501(伊豆市観光協会修善寺支部)
【URL】http://www.shuzenji-kankou.com/
【メールアドレス】
【駐車場の有無】なし(近くの有料駐車場をご利用ください。)
【営業時間】宝物殿8:30~16:30(10月~翌3月16:00 ) 

○宝物殿拝観料:大人300円 小中学生200円

【アクセス】修善寺駅よりバス8分  伊豆箱根バス・東海バス 「修善寺温泉」下車

修禅寺山門の仁王堂におさめられた金剛力士像

修禅寺山門の仁王堂におさめられた金剛力士像

平成26年9月に修復された修禅寺山門

平成26年9月に修復された修禅寺山門

 |