これからの伊豆市を考える 未来塾が開催されました

修善寺にある若者交流施設9izuで「伊豆市未来塾」が行なわれました。
今年度のテーマはあまり聞きなれない言葉、“シティプロモーション”。

自分の街のいいところを再確認・共有しそれを外に押し出していこう、というものです。最近さまざまな自治体で取り組まれているシティプロモーションを伊豆市でも来年度以降取り入れていくため、市民が中心となってその土台作りを行なっていきます。

2013年9月26日(木) 第一回

質疑応答

質疑応答

9izu室内

9izu室内

第一回目はスペシャル版。シティプロモーションの先行地である熱海市から田邉副市長にお越し頂き、伊豆市の菊地市長とパネルディスカッションを行ないました。熱海市が現在進行形で取り組んでいる事例を中心に、伊豆市の問題点と絡めながら熱い議論が繰り広げられました。


26名の塾生は時折メモを取りながら熱心に耳を傾けました。参加者のひとりからは「とても興味深い話で、2時間では物足りないくらいだった。次回から実際に自分達で考えるので、楽しみ」という感想が聞かれました。

 

第二回目は10月10日(木)。次回からはいよいよ塾生が“伊豆市のシティプロモーション”を考えます。

伊豆市未来塾とは


「伊豆市人づくり事業」の一環として始まったもので、今年で4年目。
若者を中心にまちづくりを行なっていこう、伊豆市を元気にしていこう!という趣旨で毎年テーマを変えて開催されています。

よく検索されるキーワード
 イズシカ問屋日帰り温泉旭滝温泉体験富士山ハイキング

TOP