伊豆半島ジオパーク

下白岩のレピドサイクリナ化石産地
【伊豆半島ジオパーク・ジオサイト】下白岩のレピドサイクリナ化石産地
【ハイキングモデルコース】路線バスで行く『天城の瞳八丁池ハイキング1日コース』ご紹介
竹林の小径[修善寺]のエクセレンス認証証書
竹林の小径など市内8施設が『トリップアドバイザー2015年エクセレンス認証』を受けました
世界最大旅行口コミサイト『トリップアドバイザー』による
伊豆市内 2015年エクセレンス認証施設
[観光施設]浄蓮の滝、修善寺虹の郷、竹林の小径
[宿泊施設]あさば旅館、嵯峨沢館、瑞の里○久旅館、arcana izu、あせび野
左側の建物が昭和の森会館、右がレストラン&売店
【ハイキングは、ガイドツアーがオススメ!】ジオガイドツアーに参加してみました。
旭滝
伊豆半島ジオパーク
「南から来た火山のおくりもの」
http://izugeopark.org/
伊豆半島では、海底火山や火山島の時代から、本州への衝突という大事件を通じ現在も続く火山活動や地殻変動まで、さまざまな時代の活動でできた大地を知り、また、これらの大地の恵みを楽しむことができます。

船原砕石場
船原砕石場 船原スコリア丘
スコリアと呼ばれる軽石が火山活動で積もった船原スコリア丘の断面
白鳥山
【伊豆半島ジオパーク・ジオサイト】白鳥山
「火山の根」の柱状節理。海底火山の地下にあった「マグマの通り道」。マグマが冷え固まる時にできる「柱状節理」でできた巨大な岸壁は迫力満点。※見学には許可が必要です

不動滝
伊豆市土肥小下田米崎にある滝。       落差35m
五竜の滝(別名:竜姿(りゅうし)の滝)
湯ケ島野畔   
本谷川滑沢渓谷   
落差3m2条+渓流瀑 別名/竜姿滝
  
外観
土肥金山
坑内の山神社は、純金箔張りの黄金の鳥居が金運パワースポットとして好評!!砂金採り体験もできます。ギネス認定の250kgの世界一の金塊は必見!!
〒410-3302伊豆市土肥2726
TEL0558-98-0800
FAX0558-98-1803
9:00~17:00
無休(12月にあり)
滑沢渓谷
滑沢渓谷(なめさわけいこく)
天城峠の北側、狩野川の支流にあたる深い樹林に包まれた渓谷。マイナスイオンたっぷりです。
修善寺から東海バスで35分「滑沢渓谷」下車後徒歩15分
伊豆市を流れる狩野川(伊豆市大平付近)
狩野川(かのがわ)
伊豆半島中央部を流下して駿河湾に注ぐ狩野川。太平洋側の大河川としては、唯一北に向かって流れる川です。
浄蓮の滝
浄蓮の滝(じょうれんのたき)
狩野川上流にかかる伊豆を代表する名瀑布。
お土産、食事処もあります。
〒410-3206伊豆市湯ヶ島892-14
TEL0558-85-1125
P無料
修善寺駅より東海バス40分「浄蓮の滝」下車
東名高速沼津ICより車で45分 
東名沼津IC・新東名長泉沼津ICより直結の伊豆縦貫道(東駿河湾環状道路)~伊豆中央道(有料)~修善寺道路(有料)大平IC~国道136号線、国道414号線
太郎杉
太郎杉(天城山一の巨木)
パワースポットとしても人気。天城山中第1位の巨木で、樹齢約450年と推定されています。
〒410-3206伊豆市湯ヶ島
TEL0558-85-1056(伊豆市観光協会天城支部)
修善寺駅よりバス45分 「滑沢渓谷」下車 東名沼津IC・新東名長泉沼津ICより伊豆縦貫道(東駿河湾環状道路)、伊豆中央道、修善寺道路、R136経由R414を南下し滑沢渓谷バス停まで60分、さらに徒歩30分
丸野高原からの富士
丸野高原(まるのこうげん)
北丸野山の裾野に広がる草原で、標高600m。
TEL0558-83-2636(伊豆市観光協会中伊豆支部)
東名沼津IC・新東名長泉沼津ICより伊豆縦貫道(東駿河湾環状道路)、伊豆中央道、R136号、県道12号経由60分
上白岩遺跡
上白岩遺跡
縄文時代中期から後期の複合遺跡で、配石遺構は、環状列石、帯状列石、石組に分類できます。環状列石は、大きな石や長い石を中央に置き周囲を頭の大きさくらいの石で囲んだもので東海地方での完全な形での初めての出土。
〒410-2502伊豆市上白岩425-1
TEL0558-83-2636(伊豆市観光協会中伊豆支部)
開館時間 9:00~16:30 見学自由 P無料
修善寺駅より伊豆箱根・東海バス10分 
東名沼津IC・新東名長泉沼津ICより伊豆縦貫道(東駿河湾環状道路)、伊豆中央道、R136号、県道12号経由35分
富士
西伊豆歩道廻り崎コース[ハイキングコース]
土肥の南端、小下田にある富士見遊歩道を中心に土肥小下田から小峰までの、約1時間半のコース

修善寺駅より東海バス70分「恋人岬」または「小峰」下車
皮子平原生林を歩く[ハイキングコース]
修善寺駅からバス35分筏場新田バス停下車  
約7時間20分/17.4kmのコース(筏場新田から往復)
約5時間15分(八丁池口から往復)
TEL0558-83-2636(伊豆市観光協会中伊豆支部)
柱状節理の断面の上を流れる旭滝
旭滝(あさひだき)
落差105m、朝日の昇る時正面から光を受けて輝きを放ちます。
海底火山の地下にあった「マグマの通り道」。「柱状節理」の断面方向が見えます。
〒410-2415伊豆市大平 
TEL0558-72-2501(伊豆市観光協会修善寺支部)
修善寺から車で10分、国道136号線、大平公民館を右折した奥

巡り歩く

よく検索されるキーワード
 イズシカ丼日帰り温泉天城ミュージアム温泉体験富士山ハイキング

TOP