皮子平原生林を歩く[ハイキングコース]

中伊豆地区を貫いてながれる大見川の上流には、筏場林道があり、その奥には天城山中でも秘境中の秘境と言える皮子平原生林があります。植物群落保護林に指定されています。筏場新田より筏場林道を約140分ほど登り精英樹を見て戸塚歩道入り口から45分で、植物群落保護林に指定されている天城山随一の大ブナの木のある皮子平原生林につきます。
そこから90分ほどオオシダの群落地やヒメシャラの林を抜けるとカヤに覆われた平坦地に出ます。ここが皮子平火口跡で春にはマメザクラが美しく咲きます。遊歩道に沿い東に進むと山深くなり、オオシダの群落地やヒメシャラの林に出ます。
秋のススキ、更に所々に黄土色の火山吐出物が見られる人工林の坂を下り約30分で上井屋歩道入り口に出て、筏場林道を戸塚歩道入り口、筏場新田まで戻るコースです。


コースタイム(参考)
<所要時間:約7時間20分(筏場新田から往復)>

修善寺駅(バス)-筏場新田バス停-御礼杉(ゲート)-林道分岐(下)-戸塚歩道入口-上井屋歩道入口-西皮子平-東皮子平

 

<所要時間:約5時間15分(八丁池口から往復)>

八丁池口バス停-八丁池-戸塚峠-東皮子平-西皮子平

【問い合わせ】0558-83-2636(伊豆市観光協会中伊豆支部)
【アクセス】修善寺駅からバス28分筏場新田バス停下車 

皮子平原生林ハイキングコース(PDF:865KB)

皮子平

皮子平

【ジオサイト】蛇喰川(カワゴ平火山の火砕流・ラハールの断面、河原の黒曜石転石)、筏場新田南(カワゴ平火山のガラス質溶岩流と火砕流)
筏場南(狩野川台風の崩壊跡、カワゴ平火山のラハール)、カワゴ平(カワゴ平火山の火口とガラス質溶岩流)
 

八丁池(秋)

八丁池(秋)

よく検索されるキーワード
 イズシカ問屋日帰り温泉旭滝温泉体験富士山ハイキング

TOP