キーワードから探す

よく検索されるキーワード

 イズシカ丼日帰り温泉天城ミュージアム温泉体験富士山ハイキング

伊豆市観光情報寄り道する寄り道スポット癒しスポット地元の木工・手工芸作家たちのギャラリー『カルノ造舟』 

地元の木工・手工芸作家たちのギャラリー『カルノ造舟』 

7人の地元工芸作家さんが作った、共同店舗

伊豆市を中心に活動されている、『家具』・『木工』・『染物』・『紙切り』などのクラフト作家さんたちが作るお店『カルノ造舟』が修善寺温泉にあります。

 

修善寺総合会館のそば、『修善寺no洋食屋』さんの隣にある『カルノ造舟』のドアを開けると、木の香りとやさしい光に包まれます。

 

カルノ造舟では、家具・木の食器やカトラリー・手染めの布製品・紙切り作品など、手作りで温かみのあるものばかりが販売されています。

 

ここに来れば、作り手に会えるので、「こんな道具を探している」、「こんな家具が欲しい」など、細かい希望を聞いてもらうこともできる、世界に一つのものを作ってもらえる場所でもあります。

藍染を中心とした、深みのある色あいの染物作品

藍染を中心とした、深みのある色あいの染物作品

温かみを感じる、木のカトラリー

温かみを感じる、木のカトラリー

 

こちらのカルノ造舟では木工・手工芸作品の販売だけでなく、なかなか体験できない、ほそく裂いた布でコースターを織る『裂織り体験』などもやっています。

普段は触ることのない機織り(はたおり)機を使っての体験なので、とってもオススメです!

 

また、紙切り作家 水口さんによる『紙切りの似顔絵』も作ってもらえます。

はさみ一つで、一枚の紙から生み出される横顔のシルエットは、『下書きなしで作ったとは思えない!』と作ってもらったひとは必ず驚きます♪

こちらもかなりオススメです♪

 

修善寺温泉の思い出のひとつに、カルノ造舟をのぞいてみてください。

きっとお気に入りの何かが見つかりますよ。

 

体験ができる日は、それぞれの作家さんが店舗にいらっしゃる時なので、希望される方は事前に問い合わせてください。

【電話】 0558-99-9006

 

 

木工作品は『食』にまつわる道具が中心

木工作品は『食』にまつわる道具が中心

木の声を聴いて作り出されたかのようなデスク&スツール

木の声を聴いて作り出されたかのようなデスク&スツール

カルノ造舟は、隣の『修善寺no洋食屋』オーナーの岡田さんが、親交のある作家さんたちに声をかけ、使っていなかった洋食屋の店舗の一角を提供したのだそう。

 

店の名前は、その昔 伊豆の地では高い造船技術で、天城の木を使って大きな船(軽野舟)を作り、狩野川を下って海まで運んでいたという伝承が残っており、そこから由来しています。

伊豆修善寺のこの場所から、地元の木材・自然由来の素材を使った『ものづくり』を発信していこうという気持ちが伝わってきます。

 

店内のほとんどの内装は作家さんたちが自ら手がけたのだそうで、お店の雰囲気からも、作家さんたちの気持ちが伝わってきます♪

 

WADAKAGUの和田さんは「まずはこの『カルノ造舟』を知ってもらい、人と人とをつなげる場所になってくれれば」と話してくださいました。

 

本藍染は色落ちしないので小さな子供も安心

本藍染は色落ちしないので小さな子供も安心

はさみひとつで一枚の紙から生まれる切り絵作品

はさみひとつで一枚の紙から生まれる切り絵作品

かわいい鳥のバターナイフ

かわいい鳥のバターナイフ

高山のこだわりのお米も売ってます

高山のこだわりのお米も売ってます

カルノ造舟 作家紹介

オーナー岡田さん(右端)と7人の作家さん

オーナー岡田さん(右端)と7人の作家さん

≪木工≫

【WADAKAGU】 和田大(ひろ)さん

【ありしろ道具店】 有城 利博さん

【Kina】 菊池 奈美さん

【マツモト工作室】 松本 克也さん

 

≪藍染・草木染≫

【蔵ギャラリーみつはし】 三橋 由美子さん

 

≪藍染・機織り≫

【藍染工房みお】 松岡 澪さん

 

≪紙切り≫

水口 千令(ちはる)さん

 

カルノ造舟

カルノ造舟 外観

カルノ造舟 外観

【電話】 0558-99-9006

【住所】 〒410-2416 静岡県伊豆市修善寺697-1 

【営業時間】 11時~16時15時

【定休日】 毎週水曜日 第1・第3木曜日

【E-MAIL】 karuno.zousen@gmail.com

 

カルノ造舟 地図


大きな地図で見る

 |