キーワードから探す

よく検索されるキーワード

 イズシカ丼日帰り温泉天城ミュージアム温泉体験富士山ハイキング

伊豆市観光情報伊豆市あれこれ伊豆市あれこれ伊豆市あれこれ【修善寺駅前商店街】10枚の顔出し看板『夢十屋』がお目見え

【修善寺駅前商店街】10枚の顔出し看板『夢十屋』がお目見え

修善寺駅に設置されている顔出し看板

修善寺駅に設置されている顔出し看板

修善寺駅前商店街の10店舗の店主が、「こんな夢を見た」から始まる夏目漱石の小説『夢十夜』をヒントに、10枚の顔出し看板『夢十屋』を製作しました。

10店舗の商店主が考えた「こんな夢を見た」から始まるストーリーは、川端康成の名作『伊豆の踊子』の『学生』と『踊子』が主人公の物語で、絵看板にはその一場面が描かれています。

伊豆市ゆかりの二人の文豪をコラボさせた絵看板の描画は、「伊豆文豪漫画宿帳」を描いた修善寺駅前在住漫画家・岩田好史さんが担当されていて、岩田さんの描く心なごむ絵を見て、描かれたストーリーを想像するだけでも楽しいですよ。

 


【顔出し看板がある店舗】

‎駅弁カフェたけし、風間ふとん店、修善寺駅、ステキなごえん、谷口精肉店、中清食堂、長倉書店、花やあきつフルール、ほうずきや、みんなのまるしぇ(五十音順)

電車の待ち時間を使って、顔出し看板を探しながら修善寺駅前商店街を巡ってはいかがですか?顔出し写真をSNSに上げて、10店舗をコンプリートするといいことあるかも!

顔出し看板の一部をご紹介

修善寺駅西口から徒歩1分、伊豆の事ならここに聞け『長倉書店』

修善寺駅西口から徒歩1分、伊豆の事ならここに聞け『長倉書店』

全部で10枚ある顔出し看板には商店主の夢のストーリーがあり、ちなみに長倉書店さんのストーリーは…

 

こんな夢を見た。白熱灯の灯りの下、いつものように仕事をしていると一高の学生と踊子が本を買いに来た。買ってくれたのはもちろん川端の「伊豆の踊子」だ。その本を片手に今から天城トンネルへ行くらしい。その途中、雄大な天城山を背景に猫越山で駅弁「わさびシャモ飯」を食べた。デザートはさっき買った一冊の文庫本。ふたり仲良く本を読んでいる様子に川端もヤキモチを焼いている。・・・」と続きます。

 

それぞれの顔出し看板にどんな夢のストーリーがあるのか、今後は伊豆市商工会のホームページで紹介していく予定です。

 

 

修善寺橋たもとの花屋さん『花やあきつフルール』

修善寺橋たもとの花屋さん『花やあきつフルール』

修善寺駅バスターミナルの向かい『中清食堂』

修善寺駅バスターミナルの向かい『中清食堂』

修善寺駅南口すぐ『ほうずきや』学生さんと踊り子が釜飯に舌鼓

修善寺駅南口すぐ『ほうずきや』学生さんと踊り子が釜飯に舌鼓

伊豆ジビエならココ!修善寺橋たもとのお肉屋さん『谷口精肉店』

伊豆ジビエならココ!修善寺橋たもとのお肉屋さん『谷口精肉店』

修善寺駅前商店街 顔出し看板『夢十屋』 10店舗地図

 |