サイクルフェスティバル2016&ツアー・オブ・ジャパン2016伊豆ステージが開催されました[平成28年6月4日(土)]

開会式に披露された『梯子乗り』パフォーマンス

開会式に披露された『梯子乗り』パフォーマンス

平成28年6月4日(土)、日本サイクルスポーツセンターで『サイクルフェスティバル伊豆2016』が開催されました。

日本最高峰の自転車ロードレース『第19回ツアー・オブ・ジャパン2016伊豆ステージ』が同時開催され、会場を訪れた約2万人が、自転車の祭典を楽しみました。

ツアー・オブ・ジャパン伊豆ステージの開会式では、地元団体による『梯子乗り』が披露され、国内外から訪れた観戦客は、スリルのある伝統芸能を、食い入るように見ていました。

サイクルフェスティバル伊豆2016

サイクルフェスティバル伊豆2016では、2020東京オリンピック・パラリンピック競技大会でのトラック・レース会場に決まった伊豆ベロドローム体験走行会と見学ツアー、観戦しながらBBQ、物産展『伊豆おいしいもの市』、交通安全協会と大仁警察署による自転車安全教室、有名メーカーの自転車を試乗できるスポーツバイク試乗会など様々な特設ブースが沢山の人で賑わいました。

伊豆ベロドローム(室内バンク)体験走行会の様子

伊豆ベロドローム(室内バンク)体験走行会の様子

広いスペースでスポーツバイクを試乗

広いスペースでスポーツバイクを試乗

交通安全協会・大仁警察署による自転車交通安全教室

交通安全協会・大仁警察署による自転車交通安全教室

多くの人でにぎわった物産展『伊豆美味しいもの市』

多くの人でにぎわった物産展『伊豆美味しいもの市』

第19回ツアー・オブ・ジャパン2016 伊豆ステージ

アップダウンが多く曲がりくねった伊豆ステージのコース

アップダウンが多く曲がりくねった伊豆ステージのコース

ツアー・オブ・ジャパン(以下TOJ)は、日本最高峰の自転車ロードレースで、都府県をまたぐ唯一のステージレースです。第19回TOJは、第1ステージの堺を皮切りに、京都・美濃・いなべ・南信州・富士山・伊豆と続き、ラストの東京まで8つのステージを8日間かけて走りました。

今年は国内外の16チームが、アジア最大級のステージレースTOJに参戦しました。

伊豆ステージのコースは他のコースと違い、まるで迷路のように左右に進路を変え、アップダウンを繰り返します。日本サイクルスポーツセンター5kmサーキットを中心に外周の道路と合わせ12.2kmのコースを10周する122kmで、選手の『脚』が試される山岳コースとなっています。

 

アップダウンの激しい伊豆ステージのコースで激闘

アップダウンの激しい伊豆ステージのコースで激闘

国内外16チームが熱戦を繰り広げた

国内外16チームが熱戦を繰り広げた

待望の日本人選手が伊豆ステージ優勝!

伊豆ステージでは、みんなが待ち望んでいた日本人・新城 幸也(あらしろ ゆきや)選手がステージ優勝(区間賞)を果たし、会場は大変盛り上がりました。伊豆ステージでの日本人選手の優勝は1996年第1回大会以来、20年ぶりとなりました。

ランプレ・メリダ所属の新城選手は、今年2月のツアー・オブ・カタールで大腿骨を骨折しており、今回の伊豆ステージで復活の優勝を飾りました。

大腿骨骨折からの復帰戦で見事ステージ優勝の新城選手

大腿骨骨折からの復帰戦で見事ステージ優勝の新城選手

表彰された選手とTOJキッズとTOJアンバサダー

表彰された選手とTOJキッズとTOJアンバサダー

よく検索されるキーワード
 イズシカ丼日帰り温泉天城ミュージアム温泉体験富士山ハイキング

TOP